アロマフルな話 – とうもろこし

今回は、もう名残になってしまったけれど、とうもろこしについて。
DSC_0310

とうもろこしも自分が農業を始めて、大きくその概念が変わった野菜の1つだ。これまで、そんなに有難い野菜だと思ったことはなかった。そもそも、それほど買ったことも食べたこともなく、お祭りで焼きとうもろこしが随分高い値段で売られている、それくらいのイメージしかなかった。だがそれが、今ではこんなに感動を与えてくれる野菜だと思っているのだから、全く人生何が起こるか分からないものである。

さて、こんなに印象が変わったとうもろこしなのだが、その理由は、これまで新鮮なとうろこしにありつく事が出来なかったからという、しごく単純、しかし実現がかなり難しい、ということでしかないと思っている。とうもろこしは、数ある野菜の中で、間違いなく最も鮮度が落ち易い野菜だろう。採り立てとそうでないものとでは全く味が違う。とうもろこしを本当に美味しく食べられるのは、採って半日までだと思っている。

採り立てのとうもろこしがどう違うのかというと、甘さが数段違い、そして口の中で文字通り弾けるほとどのみずみずしさに満ち溢れている。野菜と言うよりほとんど果物のようで、さらに言うとハチミツのようでもある。採りたては、当園では生でそのままかじるのをお勧めしています。生でとうもろこしを食べれると聞いて、大抵のお客様は驚かれるのですが、折角の採り立てがもったいないので、また、わざわざ茹でるのも手間なので、生で召し上がられるのをお勧めしています。もちろん、茹でて食べても美味しく、甘さにコクが増し、より一層甘く感じられます。茹で方は、沸騰したお湯に3分くらいが良いと思います。

以前、テレビで朝採れたとうもろこしの方が昼や夕方に採ったとうもろこしより甘くて美味しいという内容を見たことがあるのだが、それはとんでもない間違いだと自分は思っている。その番組で理由を、昼間気温が上がると、とうもろこしの樹が呼吸でエネルギーを消費するのに実に溜まっている糖分を消費してしまうから、朝、糖分が溜まっている状態のとうもろこしの方が甘い、としていたが、本当か?といつも自分は思っている。自分で糖度を測定してみたことがあるのだが、同じ実で、朝一より、昼の方が、糖度が高かった。また、朝というのは、夜の間にエネルギーを消耗しつくした時間であるはずであり、一番味が落ちている時間ではないかと思う。(実際、他の多くの野菜で朝一は味が劣る。)最後に、多くの消費者は買い物をした日の夕食でとうもろこしを調理、食べることになると思うのだが、鮮度で一分一秒を争うとうもろこしで、夕食までずっと時間が開いている朝に採って良い訳がないと思う。きっと、テレビで検証していたのは、朝採ったとうもろこしと、前日の昼や夕方に採ったとうもろこしを比べていたのだろう。そしたら、直近に採った朝採りとうもろこしの方が味がよくなって当然だ。通常、農家の出荷が朝一なので、朝取りと前日昼・夕方採りを比べるのは、決して間違っているわけではないのではあるが・・。

そんなこんなで、とうもろこしは鮮度が何よりも大事なので、当園では、本当に納品直前に収穫しています。採り立て数時間のとうもろこしは、現代の流通システムでは絶対に手に入らない、大変貴重なものだと思います。農家のみに許された、本当に美味しいとうもろこしを、機会がありましたら、ぜひお試し下さい。