労働は美徳、勤労は義務

日本国憲法で定められた、国民の三大義務の一つでもある、勤労の義務。
これは農業を実際に営む者からすると、とても自然な発想に思えるのである。逆に言うと、農業をしていて自然発生的に生まれる考えが、この勤労の義務に反映されているのではないかとさえ思えるのである。

その”自然発生的に生まれる考え”なのであるが、出発点は、ある日ふと気付いたことなのであるが、自分の運命は、自分がいつも闘っている虫や草と同じでしかないのではないか、というところにあった。雨に打たれ、風に吹かれ、他にも運が悪ければ命を落とすかもしれない。厳しい自然の脅威に晒され、生存競争を闘い抜き、そしてやっと命を繋いでいる。そしてその中で、良い時には繁栄し、悪い時には滅んでしまう。
そのような環境の中で、皆精一杯生きている。そして一日たりとも休みなく働いているように見える。逆に言うと、精一杯生き、働くことを止めてしまったら、その時点で生を放棄し、死を迎えることと同じになってしまうのだ。競争を耐え抜き、運命に抗い、一生懸命生きようとしている。これは何と美しいことなのだろう。これを生命の輝きと言わずに、他に何というのか。

翻って、自らの身を省みてみる。虫や草と同じように、日々一生懸命、休みなく働いている。それはそうしなければ、野垂れ死ぬことが分かっているからだ。だからこそ、日々ただコツコツと仕事するしかない。日々、ただ懸命に仕事をすることは、虫や草が一生懸命生きようとして、生命の輝きを放つのと同じなのである。懸命に仕事をすることは美しい。人間にとって、労働は美徳でさえあると思う。

そのように働くのを止めてしまえば、自らの運命がどうなるか、当然分かることだ。それが分かるのにも関わらず、もし働かないのだとしたら、それはただの怠慢、生の放棄でしかない。だからこそ、勤しんで働かなければいけない。勤労は当然そうあらねばならないこと、自らの生に責任をとるための義務でしかない。

これが厳しい自然相手に、日々仕事をしている人間のごく自然な発想である。周りの農家の方々も、一生懸命仕事をすることが素晴らしいという価値観をお持ちのようだ。現在の憲法が制定された終戦直後、日本国民の約半分が農民であった時代には、日本全体でごく自然に共有されていた考えなのではないか。日本の農業の感覚が、憲法にまで反映されている、自分はそう思わざるを得ないのである。

少し話を発展させよう。前に、「勤労が義務なのはおかしい」と言っていた大学教授の方がいらっしゃったが、申し訳ないが、自然相手に仕事をしている人間とその感覚からすれば、非常に的外れな話だ。農業の世界とその感覚が現在社会から切り離されることを、自分は少しも悪くは思わないが、自然相手に生きる厳しさ、それが生命の本来の生き方であることを全く知らずに、そのような主張をされることは心外なことだ。そのように言われる方には、ぜひ一度、自然相手に仕事をする、生きることの厳しさを経験して頂きたいとさえ思う。

あと、ベーシックインカムの議論がここ数年流行っているが、これも同様にとんでもない議論だと思う。何もしないで生きていくことができるなど、自然の摂理、生命の原理原則に反することだ。そんなことを言うのであれば、自然相手に覚悟を決めて日々闘い、仕事をしているにもかかわらず、最低賃金も稼げない農家の方々の生活の保証をどのようにしてくれるのか。

この日本の農業から生まれたとさえ思える素晴らしい価値観が、今一度、現在の社会で見直されることがあればと願う。
そして自分はただ愚直に、日々、虫や草の様に、生きるために働き続けたいと思う。